生命情報科学若手の会の活動内容

近年の生命科学では「第二世代シーケンサーによるオミクス解析」、「遺伝子・タンパク・細胞・組織レベルの定量的解析」、「ライブイメージングや画像情報解析」等の発展により、情報学的視点を備えての研究がさらに求められるようになってきています。

生命情報科学若手の会は、幅広い生命情報科学研究に携わり、情報学的視点に基づいて新しい生命現象の見方を提供する研究を志す若手研究者から大学院生までの交流を推進することを目的として、2009 年 2 月に設立されました。

現在行っている活動内容は以下になります。

  1. 年一回の研究会(年会)の開催
  2. 様々なセミナー・研究関連イベントの開催
  3. メーリングリスト等による情報交換
  4. 他の研究会等との連携・研究交流
  5. 関連学会の年会における交流会等の開催

全国的・領域横断的な交流を通して、未来を見据えた新しい研究の方向性を探ることができる場を提供することを目指しています。

若手の会への参加を希望される方へ

ぜひ、本会が開催する研究会や交流会等にご参加ください! これらのイベントに関しては,本ウェブページや関連メーリングリスト等を用いて随時お知らせしていきます。

また、本会では活発な情報交換を目的としたメーリングリストを運営しています。 メーリングリストへの登録を希望される方は、研究会や交流会等にご参加いただくか、 スタッフのいずれかまでメールをお送りください。 (原則として、研究会や交流会への参加後の登録をお願いしています。)